競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
 昭和48年開場。3つのコースで構成された54ホール。なだらかな丘陵地で樹木も多くタフなコースに仕上がっている。変化のあるグリーンとグリーン周りはバンカーでガードされ難易度を高めている。
(第17回) 東北ジュニアゴルフ選手権競技
〈男子11歳以下の部〉
開催日 :7/27(水)
開催場所 松島チサンカントリークラブ/大郷コース
■コースセッテイング
2011年7月27日(水)
1st Round
初優勝を飾った米澤選手
米澤蓮(見前小6年/岩手)選手が
通算3オーバー・75で初優勝飾る!


 東北ジュニアゴルフ選手権競技(男子11歳以下の部)は雷鳴の影響でスタート時間を1時間遅延させ、第1組が午前9時にアウトコースよりスタートしました。その後は天候も回復に向い順調にプレーを続けておりましたが、午後12時過ぎ、再び雷鳴の為、プレー中断。約1時間の中断の後、13時10分に再スタートしました。

 この日の仙台は不安定な天候が続いており、14時20分、三度雷鳴の為にプレー中断となり、その40分後再スタートとなりました。

 夕方5時30分、雷の影響で三度のプレー中断と厳しい気象条件の中でしたが、参加者40名(欠場1名)全員がホールアウト。18ストロークプレーを終了しました。競技の結果、米澤蓮(見前小6年/岩手)選手が39、36、75でラウンドし、2位に3打差で初優勝飾りました。

 アウトスタートの米澤選手は「ティショットの調子が良かった」と平均飛距離220Yという得意のドライバーショットが好調。3番で4Mを決めてバーディが先行。他4ボギーで前半は39で折返し。後半のインコースは12番でボギーとしますが、17番で5Mを決めてバーディ。パープレーにまとめて36、計75。数度のプレー中断にも「特に気になりませんでした。リズム良くプレーすることができました」と落ち着いたプレーで東北大会を制しました。「パットが少し悪かったですが、優勝することができて、とてもうれしいです」。初出場となる全国大会については「全国大会へ出場できるとは思ってなかったので、驚いています。でも出場したら全力で頑張りたいです」と語ってくれました。 

 なお、本競技の上位3名が全日本小学生ゴルフ大会への参加資格を獲得しました。出場選手のご健闘をお祈り申し上げます。

応援メッセージボードの前で記念撮影


東北ジュニア(男子11歳以下の部)のスタート風景
東北ジュニア(男子11歳以下)スタートしました

 東北ジュニアゴルフ選手権競技(男子11歳以下の部)がスタートしました。
 3月11日(金)に発生した東日本大震災や福島原発事故の問題で開催が危ぶまれましたが、開催倶楽部や関係者のご尽力などにより、無事開催することとなりました。
 会場の松島チサンカントリークラブ/大郷コースは小雨がぱらつくあいにくの天候ですが、参加のジュニア達はレインウェアに身を包んでパッティング練習などスタートに備えます。ところがスタート数分前に雷が鳴り、7時55分にスタート時間の遅延が決定となりました。その後、数十分は雷鳴が続きましたが、第1組のスタート時間を1時間遅らせ、午前9時に無事スタートとなりました。スタート時には雷雨も上がって参加者40名(1名欠場)がアウトコースよりスタートしました。


メッセージボードの前で記念写真
宮崎県のジュニアの皆さん応援メッセージを
ありがとう!


 去る3月末に行われた九州連盟主催の宮崎県地区春季ジュニアスクール(於:UMKカントリークラブ)参加のジュニア達から被災された方々への応援メッセージをいただきました。

 東北地区でも無事、ジュニア競技開催となりました。大変ありがとうございました。




応援メッセージ入りのニューボル
長野県のゴルフ愛好家の皆様から応援メッセージ入りの
ニューボール寄贈いただきました


 長野県佐久市で年2回のゴルフコンペを開催している第22回ブランカンカップで、東日本大震災の早期復興を願い、6月19日にチャリティコンペとして開催した際に、御参加の皆様から応援メッセージ入りのニューボール130個を「東北のジュニアの皆さんに使っていただきたい」と寄贈いただきました。

 このボールは今大会でジュニア達に配布させていただきました。大変ありがとうございました。