2001-競技結果  

 

競技名:日本ゴルフ100年 平成13年度(第7回)東北ジュニアゴルフ選手権競技

開催日:平成13年7月26日(木)〜27日(金)

会 場:仙台カントリー倶楽部

 

古川智大が逆転優勝!第7回東北ジュニア選手権

 平成13年度(第7回)東北ジュニアゴルフ選手権競技(東北ゴルフ連盟主催)が7月26〜27日、仙台カントリー倶楽部で開かれた。12歳から17歳までのジュニア113人が参加、降りしきる雨の中で18ホールストロークプレーを行った。

 <男子15〜17歳>では初日、依田利之(東北高2年)が77で首位に立った。最終日、6位タイの古川智大(仙台育英3年)が復調。アウトの4番で1?のバーディを奪い、1ボギーの36にまとめた。インは10番13?のロングパットを放りこみ、14、15番でも連続バーディを決めて35。1アンダー71でホールアウト。通算7オーバー151で2位に3打差をつけて、逆転優勝した。
 「パットとアプローチが良かった。優勝を目指して頑張った。71は自己ベスト。小学校4、5年からゴルフを始めた。日本ジュニアには中学3年から4年連続出場。福島県いわき市から仙台へ通学。得意なクラブは9番アイアン、ドライバーの飛距離は260〜270?。175?、67?。日本ジュニアには4位タイまでの5人が出場した。

<女子15〜17歳>は初日首位の菰田依未(東北高2年)を逆転した和田委世子(東北高1年)が81、74、155で優勝した。依田に3打差をつけられてインからスタートした和田は、12番でピン斜め奥から10?、15番パー3では4番アイアンで手前2?の2バーディ、ほかに2ボギーのイン36。アウトは2ボギーの38。
 和田は「初日が悪かったが、最終日は自分が普通に回れば、(優勝は)大丈夫だと思っていました。寄せとパットが良かった」と話していた。

<男子12〜14歳>では初日、長久保浩(福島第三中3年)が74でトップに立った。2位は佐藤圭介(いわき泉中3年)が75で続く。最終日、インスタートの佐藤は17番パー5で手前1.5?を入れてバーディ。18番パー4はアプローチをミスしてボギーのイン36と好スタートを切った。
 アウトは2番パー4の2打を6番アイアンで手前3?、6番パー5は2オン2パットの2バーディ。ボギーを8番の一つに抑え、アウトは35の1アンダー71でホールアウト。通算2オーバー146で最終日に73の長久保を1打逆転して優勝した。
 「バーディがなかなか取れず耐えました。優勝はパープレーぐらいと思った。自分はアンダーを狙っていました」と初Vを喜んだ。日本ジュニアでは全国制覇を狙うと宣言。163?、60?。ゴルフは小学校6年から始めた。塩屋崎CC所属、ハンディ4。自己ベストは67。

 <女子12〜14歳>は佐藤のぞみ(山田中2年)が24オーバー168で優勝。「アプローチとパットが悪かった。アウト、インを30台で回りたかった。バーディチャンスはあったのに、もっとゆっくりプレーすれば良かった」と反省していた。


Copyright(C) 1999 TGA home page:東北ゴルフ連盟 / All rights reserved