平成15年度(第10回)東北ジュニアゴルフ選手権競技
(男子15〜17歳の部)

開催日:平成15年7月24日(木)〜25日(金)
場 所:仙台カントリー倶楽部

第1R 第2R

【最終日】

 競技2日目、最終日がスタートしました。今日も天候は快晴。すばらしいコンディションの中、最後の18ホールに熱戦が繰り広げられました。

優勝した仲西盛弘選手
 フロントナイン。初日トップの仲西盛弘(東北1)選手はパープレー36、通算1アンダーをキープ。前日2位の福城遊(東北2)選手は35でラウンドし通算同じく1アンダー。この2名による優勝争いは後半のバックナインに入りました。
 10番でバーディの福城選手が1打リードも、続く2番、15番、16番でボギーとし、パーを重ねた仲西選手が2差で迎えた17番では仲西選手がボギー。しかし、最終ホールでは仲西選手がパー、福城選手がボギーで激しいデットヒートが決着しました。
 結局、仲西選手はこの日73、2日間トータル144ストロークで今大会初優勝を飾りました。仲西選手は「目標(3アンダー)は達成できませんでしたが、内容は満足してます。勝てて良かったです」。今大会を含め東北のジュニア競技で4冠を達成。
 優勝の仲西選手をはじめ上位6位が日本ジュニアゴルフ選手権競技への参加資格を取得しました。参加者の活躍を期待したいものです。


【第1日目】

 本年度のジュニア競技がいよいよスタートしました。今年から15〜17歳の部は単独開催となり75名が参加。このところ猛暑が続いているものの、この日は快晴ながら爽やかな風がそよぐ絶好のコンディションです。

仲西盛弘選手
 初日トップに立ったのは仲西盛弘(東北1)選手がトータル1アンダー71をマーク。1、3、9、10番をバーディとしほか3ボギーの内容。「ショットがあまりよくなかったですが、パットがよかった。明日は3アンダー位を目標にプレーしたい」語っていました。今年は高ゴ連主催競技で3勝しており好調。本大会に4勝目を飾れるか期待したいものです。

福城遊選手
 続く2位はトータルイーブンパー72で福城遊(東北2)選手。1オーバー、37で折り返したアウトの1番で2オン2パットのイーグルを含め3バーディーを奪取。一方では5番ショートで4パットのダブルボギー等出入りの激しいゴルフでしたが後半を1アンダー、35でラウンドしトータル72。「パットがよく入っていい感じでしたが、ダブルボギーもあったのでスコア的にはまあまあでした。」ト語っていました。


Copyright(C) 1999 TGA home page:東北ゴルフ連盟 / All rights reserved