平成17年度(第4回)東北アンダーハンディキャップゴルフ競技

開催日:10月7日(金)
場 所:西仙台カントリークラブ

 開催倶楽部の西仙台カントリークラブは仙台市西部の景勝の地に位置し、豊かな自然林に囲まれ、緩やかな起伏に富んだホールが配された27ホールズ。1972〜1987までの16年間に渡って開催された東北唯一のプロトーナメント「東北クラシック」の舞台として有名。また、東北ゴルフ連盟主催競技では東北オープンの第1回開催コースとなっている。

表彰式の風景
 東北ゴルフ連盟唯一のアンダーハンディ競技である東北アンダーハンディキャップゴルフ選手権競技が開催されました。また最後の主催競技としても大いに盛上りを見せました。
左から男子B優勝の瀧澤選手、男子A優勝の伊藤選手、女子優勝の冨樫選手
男子Aクラス優勝は瀧澤英(マーブ月山)選手が39、34、73、8.0、65.0で見事に初優勝を飾りました。「グロスで73はよかった。ショットはブレたけどアプローチ、パットがよかった。優勝できてうれしいです」と語っていました。

男子Bクラスは伊藤清博(江刺)選手が43、37、80、13.4、66.6で栄冠に輝きました。「岩手の予選で準優勝だったので本戦で勝つことができてうれしい。初の公式戦参加で緊張したが楽しくプレーできました」と語っていました。

女子の部は36、38、74、13.9、60.1の驚異的なスコアで冨樫和枝(グレート仙台)選手が優勝しました。アプローチ、パットが冴えてこの日はベストスコアをマーク。「同伴者の方にもめぐまれて楽しくプレーできました。ありがとうございました」と語っていました。

大会参加者募集のポスター